沿革

あかぎの響のあゆみ

平成6年8月 つゆ草の会発足、長期休みの夏、冬、春休みに2~3日活動する
平成7年4月 第2・4土曜日余暇対策事業 【 AM 9:00 ~ 12:00 】 始まる
平成8年4月 つゆ草クラブ開所
平成9年10月 富士見村緊急一時介護事業始まる
平成10年4月 心身障害児集団活動訓練事業受託運営
平成12年2月 特定非営利法人設立準備委員会発足
平成14年2月 特定非営利法人 つゆ草として認可される
平成15年2月 サービスステーションつゆくさ開所
平成15年10月 社会福祉法人設立準備委員会発足 社会福祉法人設立準備後援会発足
平成16年4月 富士見村心身障害児集団活動施設に移転 【 富士見村が新築、公設民営 】
平成16年7月 社会福祉法人あかぎの響として申請
平成16年12月 ヘルパーステーションつゆくさ開所
平成17年2月 生活支援センターつゆくさ新築 【 日本自転車振興会補助金 】
平成17年10月 社会福祉法人あかぎの響認可される
平成18年4月 知的障害者通所授産施設なかま開所 富士見村障害者デイサービスセンター開所
平成21年1月 作業棟増築及びパン工房改築 【 障害者自立支援基盤整備事業 】
平成21年5月 前橋市との合併により富士見村デイサービスセンターの名称をスマイルなかまに変更
平成22年4月 心身障害児集団活動訓練事業つゆ草クラブは児童デイサービスつゆ草クラブとして指定される
平成23年1月 知的障害者授産施設なかまとスマイルなかまは、障害福祉サービス事業所なかまに変更
生活介護事業( 定員10名 )就労継続支援B型事業( 定員19名 )となる
平成23年4月 児童デイサービス第2つゆ草クラブ開所
平成24年4月 障害福祉サービス事業所なかま 生活介護事業 ( 定員 15名 ・ 柔軟化 3名 )
就労継続支援B型事業  ( 定員 19名 ・ 柔軟化 4名 )
児童デイサービス ( つゆ草クラブ・第2つゆ草クラブ ) は児童福祉法に基づく障害児通所支援事業となる
平成25年4月 共同生活介護事業ふれんどハウス開所 ( 定員5名 )
あかぎ相談支援事業所開所 ( 特定障害者・障害児 )
前橋市障害者委託相談支援事業所あかぎ開所
平成26年4月 共同生活介護事業ふれんどハウスを共同生活援助事業ふれんどハウスに変更
平成27年4月 障害福祉サービス事業所 すずしろ開所 生活介護事業 ( 定員20名 )